事業内容

HOME事業内容情報通信エンジニアリング事業 > コミュニケーションネットワークシステム

コミュニケーションネットワークシステム

無線通信補助設備工事(FIPLEXシステム)

地下街、ビル地下階、トンネル、地下鉄のホームなどは、火災や事故などが発生した場合迅速で適切な人命救助と消火活動が必要となります。このような状況で消防隊や警察が現場と地上で緊密な連絡を取るために携帯型無線機を使用し状況伝達ができる無線通信補助設備を用意しておく必要があり、自治体によっては条例で設置の義務化が為されています。

弊社では、耐熱漏洩同軸ケーブル(LCX)を用いた無線通信補助設備において多数の納入実績があり、設計からケーブルの敷設・機器等の設置・官庁届出・竣工検査まで一貫した施工を手がけております。


光振動センサシステム構築工事

光ファイバを使用した侵入検知システムです。センサ部に機械構造や電気回路が無いため、ほとんどメンテナンスが不要です。またセンサケーブルを1本張るだけで、電源線や信号線の配線が不要です。

センサケーブル、振動検知器、分岐結合器の設置等、トータルなシステムとして提供しています。

光ファイバ侵入検知システム カタログ

一般通信線路工事

国土交通省工事
河川、国道に沿った管路や架空ルートに光ケーブルを敷設、接続する工事です。
米軍基地内通信工事
米軍基地内通信設備の新設、増設、更改工事です。
鉄道通信工事
鉄道沿線に設置される通信設備工事です。
海底光ケーブル陸上工事
海底ケーブルの陸揚げ箇所から局舎までのケーブル工事、及びリターンアースのための電極設置工事です。
海外光通信線路工事
海外の中継光ケーブルやFTTHプロジェクトの設計、施工、SV、訓練等を行っています。

上記以外にも ビル、空港、発電所、プラント、工場等の通信設備の増設、更改、保守等を行っています。