事業内容

HOME事業内容電力エンジニアリング事業 > 融雪(LC)線材巻付工事

融雪(LC)線材巻付工事

(フジクラエンジニアリング独自技術)

 

冬季、送電線に付着した雪が落下し、線下の人、車両、家屋、温室等に被害が発生する事があります。こうした事故を未然に防ぐのが融雪(LC)スパイラルです。強磁性線材を電線に巻き付ける事で、電線の電流によって生じる交番磁界により発熱し、着雪の発達段階で雪を溶かします。

「LCスパイラル」は、低キューリー(Low Curie)点線材を使用する事で、冬季の潮流で特に発熱し、夏季の潮流では発熱を抑える事が出来ます。この「LCスパイラル」は、(株)フジクラで製造・販売しており、幅広く雪害対策にご利用戴いております。

当社は、この「LCスパイラル」を巻き付ける自走式巻き付け機を開発・所有し、お客様のご要望に応じて、「巻き付け工事」、「巻き付け工事の技術指導」、「自走式巻き付け機の貸し出し」を行っております。